通夜は故人を追悼する大事な儀式となりますが、喪主は悲しみにくれてばかりはいられません。
参列者を迎えなければならなくなるため、参列者をしっかりと迎えられるように用意をする必要があります。
葬儀の準備の中でも特に重要なのが、会葬返礼品と香典返しをどうするか決めることです。
会葬返礼品と言うのは、参列してもらった方々へ礼を述べる品となります。
一般的には、参列者全員へ帰宅時に礼状と同時に手渡すのがマナーとなっています。
参列者が欠席した方の香典も持参した場合は、欠席した方の分の返礼品もお渡しすようにしましょう。
返礼品の内容については、葬儀業者に相談することによって適切な品を選ぶことが出来ます。
予定の数量が通夜の会場に届いているかどうかは喪主側も確認しておきましょう。
香典返しは、香典へのお返しの品で、初七日の後や通夜当日に渡す場合は多くなっています。
香典返しは香典の額によってお返しするものを変えるのが一般的となります。

家族葬 安い